2017年08月14日

先日の京都・滋賀研修旅行

FBにも掲載しておりましたが、先週早めのお盆休みを
とって毎年恒例の研修旅行に出かけてきました。

例のごとく、カツカツの予定を組んでおりまして京都
滋賀と書いてますが、初日は大阪まで南下してうろうろ。
2日目に京都を散策しました。私が行きたかったのが
本野清吾邸です。「第42回京の夏の旅」で特別公開が
行われていました。

_FUJ5820.JPG

当時の日本の建築界では前衛ともいえる、モダニズム運動を
リードした本野精吾は、この等持院界隈に大正13年(1924)に
自邸を自らの設計で完成させました。彼の作品の数はそんなに多くは
ありませんが、いずれも当時主流だった古典主義を脱却する過程での
実験的なものです。

_FUJ5823.JPG

彼は東京帝国大学を卒業した後、当時京都高等工芸学校(現・京都工芸
繊維大学)の教授であった武田五一の招きで、1908年に同校図案科の
教授となって京都へ。その後、ヨーロッパへ留学を経た後に本格的な
活動を京都で始めました。新しい建築モダニズムの影響を受けています。

_FUJ5827.JPG

この自邸は中村鎮式コンクリートブロックを剥き出しのまま使用し、
合理性を追求した日本におけるモダニズム建築の先駆になったものです
この建物は平成15年(2003)に「DOCOMOMO Japan 100」に選ばれています。

と経歴など書きましたが、大正時代に建ったと思えない雰囲気の
建物で現代でも通用する様式。当時の方がこの建物を見た時どんな
感想だったんでしょう。いう当時のことを想像しながら眺めておりました。


その夜は、滋賀で一泊し翌日は自由行動にしておいたのですが
妻の希望でラ コリーナ近江八幡へ。クラブハリエで有名なたねやさんが
運営している施設です。

_FUJ5835.JPG

予備知識なく向かったので、到着した時かなりびっくりしました。
広大な敷地に建つ緑の建物。ジブリ映画に登場しそうな建物。
中に入るとガウディ―建築を見ているような内装使いでした。
敷地内には数棟建物がありお土産や飲食スペースなどどれも
個性的な空間になっていました。

下の写真は今年オープンした建物、上の建物とは全くことなる
雰囲気です。塗装を落とした2階建てバスが鎮座しています。

_FUJ5842.JPG

敷地中心には田んぼがあり、鳴子イベントなるものが開催
されていおりました。お盆に入ったタイミングもありとても
人が多かったです。

_FUJ5856.JPG

大きな敷地を汗だくになりながら回りましたがとても良い
運動にでした。まだ開発途中なので、まだ数棟建築予定とのこと。
完成したらまたぜひ伺ってみたいと思います。

_FUJ5855.JPG

大きなトラブルもなく無事帰ってきました。
来年は離党などに行ってみたいですね。


posted by rism at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のできごと