2018年08月11日

上海研修旅行

7日の夕方から中国の上海に渡航しておりました。
いつもながらの弾丸ツアー...2泊3日の旅ですが
その前後は移動が大半なので1日をどう過ごす
のかが勝負でした。

初日の夜に関しては夜景が見たかったので外灘と
いうエリアへ。移動をアテンドしていただいた方
に伺うと中国は現在夏休みのようで観光エリアは
人でごった返してました。

_FUJ8663.JPG

初めての旅行地で、初地下鉄、人ごみで疲れ果て
夕食をとお店を探してもどこもクローズ...
やっと見つけたお店でビールと簡単に中華料理を
頂きましたが、ビールがぬるい涙
料理の味は何とか馴染めましたが、初日になかなか
の洗礼を受けた感じで初日は終了です。

_FUJ8676.JPG

2日目は豫園商城「ユーユェンシャンチャン」へ。
古い建物が残る商店街です、その中に庭園があり
手の込んだ素敵な庭園でした。

_FUJ8697.JPG


_FUJ8709.JPG
石畳

_FUJ8716.JPG
三国志の関羽です、まさかこんなところに!

時間がないので早々に切り上げ次の場所へ。
まだまだ中国バブルなのか市街地は建築中の
建物がたくさん。そんな場所でよく見かけるのは
鉄パイプの足場と、竹格子を組んだ足場板。
見た目は日本の足場のようにごつごつしていない
ので見よいですが、耐荷重がきになりますね...

_FUJ8729.JPG

次は工場などを改装して作られたエリア
田子坊「ティェンヅファン」へ

_FUJ8736.JPG

入ってびっくり、電気配線のあやとり状態...
上層階はギャラリーやデザイン事務所などが
多い印象で、上海のSOHOエリアといった感じ。
ここで子供のお土産を購入したことで、のちのち
の旅が変わります...

ささっと昼食を済ませ次のエリアに行こうとしたとき
ふと財布をみると、なぜかお金がすくない。。。?
案外と子供のお土産が高かったことに今更気づき
次行くところの入場料が捻出できなくなる涙

悔しいので他にないのかと探すとM50ギャラリー街
というエリアが、このころには地下鉄もすいすい利用
できるようになり向かうと、田子坊と同じくここも
1930年代の紡績工場を利用したアートスポットに。

解説↓
「M50」は、数ある上海のアートスポットのなかでも
最も早く登場した場所。世界的に有名な現代アーティ
スト・丁乙がアトリエを構えたことから、仲間の画家
たちが集まってきたといいます。張恩利、施勇、曲豊国
など、中国を代表するアーティストのアトリエがあり、
上海アートを世界に広めた「香格納画廊」など外国人
オーナーのギャラリーもたくさんあります。

_FUJ8774.JPG


_FUJ8788.JPG


_FUJ8791.JPG

作品も販売していたりと時間があればゆっくりしたい
エリアでした。この後に行こうとした街へ向かおうと
したのですがここで軽く道に迷い永遠と徒歩でうろうろ。
お陰様でこの日は16キロ近く歩きました...汗

その時に見た街並みです。

_FUJ8756.JPG

_FUJ8653.JPG

一番衝撃を受けた建築中の建物。
たぶん分譲マンションです。たぶん...

地場の状態はこんな感じ。
_FUJ8793.JPG

外観の状態はこんな感じ。
_FUJ8795.JPG

私の勉強不足でしたら申し訳ありません、
建築中の建物をみると外構工事(特に建物の植樹)
が先行して施工されている建物をよく見ました。
景観に配慮してなのか、植樹後に管理もさほど
できていないように見受けられました...

という感じで、時間とお金が底を付き旅は終了
しました。ドタバタでしたが、今回は上海の地下鉄を
利用し移動できたので、地理も頭に入りました。
一度では忘れてしまうのでまた機会があれば、数年後に
また伺いたいと思います。












posted by rism at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のできごと