2017年06月16日

内部建具について

最近一緒に仕事をしている同業の方と話す話題は内部建具(ドア)のこと。

建築業界全体がそうなんですが、手を使う職人がどんどん減っていると
いうこと。建具を作る職人さんも高齢化がすすみどんどん引退しています。

高齢化で引退する方も多いのですが、既製品建具(メーカー商品)が増えた
ことで1からつくる職人さんが必要なくなっていっています。金沢市の年間
着工数のうちこの会社こだわって作っているだろうと思える会社はごくわずか。
その中の棟数(住宅だけはありませんが)で現役の職人さんがどれだけ仕事が
あるかと思うとちょっと切なくなります。

うちの事務所では使用割合はメーカー建具が30%、のこり70%が職人さんに
作ってもらっています。新築の場合は既成の寸法で建具は収まるのですが
改修の場合はいろいろな条件を満たさないと建具が入らない可能性があります。

あと、デザイン的なとこもあるのですが最近メーカーが作っている建具の
デザインがとてもよくもし採用できるなら使ってみたいと...思うことがあります。

ここでちょっとご紹介。

これは先日使ったリクシルさんの建具です。枠がアルミなのでスッキリしています。
lixil2.jpg

リクシルさんはこんな新商品も。lixil.jpg

似たようなデザインでウッドワンさんからも。
wood.jpg

最近のPanasonicさんらしい商品がでました。
pana.jpg

好き嫌いありそうですが...YKKさん
ykk.jpg

リノベーションに利用できそうなデザインのToolboxさん。
toolbox.jpg

きっとまだいろいろあると思いますが、メーカーさんもあの手この手で
いいものを作っています。

とある人は、建物の仕上がりを決める職人さんは
「大工」「左官」「建具」職人と言っていました。理由が分かります。
みなさんもこれから検討されているようでしたらいろいろみて参考に
してみてくださね。


posted by rism at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム

2015年02月20日

久しぶりの肉体労働

とあるお宅から連絡があり、子供のために畳の表替えと続き間に仕切り壁を

入れてほしいというご相談を受けて今週から工事に入りました。2階の部屋で

間仕切りの敷居とその付近の畳が下がっていたので、大工さんに若干材料を用意

してもらい、畳を撤去しコンパネをめくると思いもしない光景でした。

image3.JPG

間仕切りの下にある構造材がねじれて裂けていました、工事に入る前から不自然な

下がり方してると感じていましたが、まさかの出来事で初日の工事は出来ませんでした。



翌日、大工さんに構造材を加工してもらい工事は再開しました。

家主さんがたまたま鉄を扱っている方だったので、下に支えのない

構造材を宙づりにして分割して切るために鉄骨の柱を用意していただきました。

image2.JPG

それにロープをかけ少しづつ作業しますが、すぐ下が茶の間なので切った材料を

落すと衝撃で下の材料が抜けてしまいます。

ちょっとづつちょっとづつ...この材料を取るだけで半日かかりました。

IMG_8265.JPG

構造材下の数センチ部分が、相手の構造材にささっていました。

もしかしたら、これが外れていると床が落ちていたかもしれません。


お昼からは、新規の材料をいれる作業です。また鉄骨の柱を利用して

作業を進めていくのですが、今度は1本の構造材を二人で入れるので外す

作業より大変です...加工済の材料ですが現地での加工も必要なので

いろいろ採寸しながらの作業。現場での採寸でほぞを切って入れる様は感動です。

経験と感覚ですね、見事に入りました。

image7.JPG

この後の作業はすぐに終りました、数日間の工事ですがとても勉強になった経験でした。

原因を大工さんと考えていたのですが、落松と言うもともと暴れやすい

材料だったという事と、震災の影響などが複合した結果でなはいかと考えました。

image6.JPG

皆さんも床に異常を感じたら調べてみるといいかもしれません。




posted by rism at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム

2013年07月29日

富山県の現場

ここ数日通っています、富山県の現場。

今回は「リフォーム」です、リノベーションではありません。

_DSC7972.JPG

Before


最近更に質問がある、リフォームとリノベーションの違いなのですが

一般的に「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを

言います。一方、「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を

行うことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりする

ことを言います。新築時の状態に戻すことを目標にするのではなく、機能

や価値を向上させることを前提としています。


_DSC8843.JPG

After


あと、キッチン・トイレのリフォームも。今週中に完了します。






リフォームもリズムで!  





posted by rism at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム

2012年07月05日

嬉しい出来事

先週から始まった富山県の現場。

最初は工事を請けようか迷いましたが請けてよかった!

工事としては、内装とキッチンの入替及び配置変えの

工事でわりとよくある内容。

_DSC3691.JPG

Before

_DSC4410.JPG

After

ということで、スッキリ仕上がりました。

今日お引渡しさせて頂きましたが、オーナー様に

とても喜んで頂きとても嬉しかったです。

かっこいい工事や規模の大きい工事はそれは

それでやりがいもあり楽しいですが、やはり根本は


「お客様に喜ばれること」


だと思います。そういう役割を担える立場であり続けたいです。




posted by rism at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム