2014年03月03日

断熱材施工

com lenhaの断熱材です。

工事の仕様内容はよほど意見の相違がない限り工務店さんの

仕様で工事をすすめております。

今回の断熱材はアクアフォームという吹付のウレタン系断熱材。

_DSC0722.JPG

数日前と違い、玄関建具などはないものの一気に風がおさまりました。

_DSC0721.JPG

ノンフロンの断熱材なので環境にも優しい断熱材。



アクアフォーム6つの特長


1.優れた断熱性能

ウレタン樹脂で形成された気泡構造により、優れた断熱性能を

示します。ノンフロンタイプは気泡内が空気ですので、断熱

性能の経年変化はほとんどありません。

2.目地のない断熱層を実現

成形板の断熱工法では避けられなかった目地は、熱や水蒸気の

侵入を招き、結露、熱損失の大きな原因となっていましたが、

現場発泡なら、目地のない断熱層が得られます。

3.自己接着力に優れている

下地の材質を問わず、様々な対象物にも接着剤なしで、強力に

接着し、硬化します

4.作業の省力化・工期短縮が可能に

現場で吹付ける為、工期の短縮化、人件費の削減、コストの

削減を可能にします。

5.耐水・耐湿性に優れている

独立気泡で構成されているため、吸水・透湿はほとんどありません。

6.耐薬品性に優れている

酸やアルカリ、油にも強い性質を持ち合わせています。

※HPより抜粋

_DSC0717.JPG

という断熱材、断熱仕様は以前勤めていた会社でも

エアパス工法があったりと、どの断熱材・工法を選んだら

いいのか多種多様で難しい時代です。



かけられるコストや、家族の健康を考えたりしながら

相談していただけるといいのではと思います。



posted by rism at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | B邸

2014年02月10日

上棟

先日の日曜日、Casa com lenhaの上棟でした。

ここ数日石川県も久しぶりの積雪、雪に慣れている地域ですので

混乱等はありませんでしたが、現場の工程はひびきます。

そんな中の上棟だったのですがなんとこの日は少々雪が降るものの

時より太陽が見えるような時間帯もあり順調な上棟でした。

_DSC0532.JPG

今回は大工さんが10人いたので、現場はとても賑やか。

段取りよく屋根まで仕上がりました。

_DSC0572.JPG

2階リビングなので屋根勾配を利用した天井に

東側に大きな開口がありますのでとても開放的です。




ところ変わり、Casa futuroは床暖房の施行も終わり

床を貼りました。手のいい大工さんなのであっと

いう間に床の施行完了です。

_DSC0442.JPG

こちらは3月末完成予定で、順調に進んでおります。




七尾の造園工事は、タイミングを見ながらの工事です。

以前置いてあった石の配置を変えています。

同じ石なのに、角度や置き方を変えると全然違う

表情に変わります。

_DSC0429.JPG

「石は生きている」とよく言ったものです。




こちらは、10日ほどの工事でしたがリビングの改修工事

造作でテレビボードや、ベンチ・机・収納を作りました。

S__3252259.jpg

入居しながらの工事だったのでご迷惑かけながらの

作業でしたが、こちらは無事工事を終えております。

完成後すぐ使い始められたので完成写真はありません…

落ち着いたら撮影に行きたいと思います。













posted by rism at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | B邸

2014年01月22日

基礎配筋

目まぐるしく変わる天気の中、今日はかほくの家2(仮)の

配筋検査でした。JIOの検査に間に合わず...一人でとぼとぼ

チェックしておりました。

_DSC0239.JPG

午前中は、別の現場でお客様と「いい天気で良かったねぇ」と

話していたのに、昼からは雪。相変わらず石川県はこの時期

天気の予測ができません…

_DSC0240.JPG

ただこの時期にしては雪が少ないので、土木の現場としては

よいのではと...内勤の人間は思います。

_DSC0241.JPG

検査が終われば、ここから一気に上棟まで行きたいですね。

明日・明後日は晴れ間もあるようなので、基礎工事日和だと

内勤は思います...

_DSC0243.JPG

なにはともあれ、現場が順調ですとうれしいものです。



posted by rism at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | B邸