2018年01月18日

年末の挨拶

引越しから2カ月が経ちました、引越し当初はいつ
片付くのかというぐらいの状態でしたが、こつこつ
地道に片づけを完了しました。
家具の配置などをどうしようかなどまだ迷いはあり
ますが、住みながら徐々に建物と馴染んでいければ
と思います。

年内に大規模の修繕工事が2案件始まり、今年は年末の
様相はあまりありません。先ほども現場へ行ってきました。
今年は年内の込み具合など考慮して奥飛騨へ恒例の旅行
に行ってきました。

_FUJ7095.JPG
泉ヶ丘プロジェクト

_FUJ7083.JPG
彦三プロジェクト

ゲストハウスを手掛けてから気になっていた金沢市
〜白川郷、高山市内へ観光する外国人旅行者が多いと
噂で聞いていましたが相当な人数です。どれだけこの
経路を行き来しているかは分かりませんが、白川郷では
ほとんど外国人、観光誘致としては成功されているん
でしょう。すごい人でした。

ただ少し気になったのは写真撮影、どこでも写真を
撮るので、今回危なかったのは凍ったつり橋で撮影を
している人が多かったです。まわりで滑る人がいる
のにかまわず撮影をしています。
転倒して衝突したら、橋から落ちます…写真を撮りたい
のはよくわかりますが、マナーは守ってほしいです。


年末に愚痴を言ってしまいましたが、今年もあと1日。
皆様には例年同様大変お世話になりましてありがとう
ございました。今年も非常に充実した1年でした。

来年はリズム変革の年、と言いながらも一人体制なので
大きく何かが変わるわけではありませんが、一歩一歩
前に進んでいきたいと思います。

来年も引き続き宜しくお願い申し上げます。
LARTIGUE_022.jpg
娘あゆむの七五三写真です。

リズム 藤田義和

posted by rism at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のできごと

2017年11月01日

お引渡し

FBでもたびたび掲載しているのですが、
自宅の引越しが先日とりあえず終わりました。
9時から夜の11時までかかる長い長い引越し
でした。翌日には自宅マンションの引き渡し
がありました。

_FUJ6602.JPG

購入してから改修、住んで5年ほどでした。
家族も増えて、にぎやかに暮らしていた
ものの事務所がリビングと隣接し子供たちが
遊びに来るようになってからその時間なかなか
仕事が出来ず、事務所を別に持つかまた自宅兼
事務所を持つから迷っていた時、金融機関に相談
したところ無理のない範囲で購入できそうな提案
を頂き物件を探すことになりました。

_FUJ6612.JPG

僕の中では苦渋の選択でした、なぜなら
このマンションがとても気に入っていた
からです。改修した建物でなく住まいの
立地や、隣接する公園や子供たちが通う園、
お店など。そして住人の方がとても良くして
くれました、この環境から離れることはとても
辛かったです。

_FUJ6605.JPG

最後には、歓送迎会を開催していただき、
私の後に入居される方を呼んで頂くなど
最後まで感謝でしかありませんでした。
次の方にも是非皆さんと仲良くこのコミュニ
ティーを大事にしていただければと思います。

_FUJ6610.JPG

新事務所の方は現在片付け中に付きもう少々
ご案内はお待ち下さい。順次いろいろご案内
していきたいと思いますのでよろしくお願い
いたします。

写真は退去後のマンション写真です、ちょうど味が
出始めて来ましたね。床材や壁面のラワン合板なども
いい具合に色づいてきました。



新事務所は連絡先はTEL・FAX・MAILともに
変わりませんのでよろしくお願いいたします。


posted by rism at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 自邸

2017年10月07日

ぼくとBAR

自分の人生の中にいつも行きつけのBARがありました。

20代のころは、片町にある老舗のBARでした。
雰囲気のあるとても素敵なお店だったのですが、マスターと
仲良くなった時、宗教の勧誘にあい足が遠のきました...

それからほどなくして、地元に「レフティー」さんというお店が
できバイトに小学校時代の幼なじみの女の子がいて通いました。
とても綺麗な子でした、大人になると雰囲気が変わるんだなぁ
と思いだした遅ればせの思春期...まだお店は残っていますね。

それから、自分を取り巻く環境が変わり空白の数年。
お客様からご紹介頂き通うことになった主計町の「茶屋バー」さん。
ここで今までの環境と大きく変わったのは、ママさんから
遊びにおいでと言われるようになったこと。
それから、自分でも通いお呼ばれしていつもの指定席へ...という
環境が生まれました。よっちゃん定食なるものや、いままで食べた
ことないものや、おいしいワインをたくさんいただきました。

残念ながらマスターの体調などもあり、閉店しましたが形をかえて
お店は生かされています。
1522283_728490467161071_1472865979_n.jpg
これは閉店時にお手伝いさせていただいたときの写真です。

自宅の引越しもあり、新しく発見したお店が「ガレタッソ」さんでした。
新規開拓が苦手な自分は場所は、行こうと思っていたもののずっと
躊躇していました。たまに中をのぞくと、素敵な常連がカウンター
に座り、心地よさそうにお酒を飲んでしました。何度かそういう
ことを繰り返し、誰もいないときに伺ったと記憶しております。

まぁ緊張しました、前にいるのは感度の高さそうなマスター。
続々お客様も入ってきますが、素敵な方ばかり...
楽しそうに話していらっしゃいました。僕の状況を見抜いたマスター
が声をかけてくれたのがこのお店のスタートでした。

21122267_1537679942975681_3491711925195103857_o.jpg
マスターが撮ってくれた友人との写真です。

それからぽつぽつと通いだし、友人を連れていくと実は知人
だったりと、通うのが楽しくなった時期。それから常連さんとも
親しくなりはじめ楽しく通えるようになりました。
音楽やカルチャー、いろんなことに精通しているマスターから
沢山学ばせてもらいました(酔っていたのであまり覚えてません涙)
いらっしゃる方は、料理店の店主さんが多くいろんなお店にも
伺えるようになりました。園のお父さんと通い悪酔いしたお父さんの
件で怒られたこともありました...

それからお客様をご紹介頂きお住まいのお世話をさせて頂いたり、
マスターのお店やご自宅の修理に伺ったこともありとてもかわいがって
頂きました。

そのマスターが先日お亡くなりになりました、まだお若かったのに。
病気と闘いながら、お店にも出ていらっしゃっていましたが体調が
悪化し闘病生活に。最後にお会いしたのは亡くなる6日前でした。

人の伝手で病院に呼ばれ面会しました。背中をさすったり手を握ったりと
1時間ほど顔を見て帰りました。あの時は小さい声ながら冗談
言ったり「髪さわってみ、赤ちゃんみたいに柔らかいぞ」なんて
いって頭をなでさしてもらったりと、いま思うととても素敵な
時間であり、最後に会えてよかったと思いました。

こういう形で行きつけのお店が消えてしまうのはとても辛いです。

マスターの二木さんには感謝しかありません。天国でも楽しい
お店作ってください。ご冥福をお祈りいたします。


二木さんに捧げます。

posted by rism at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のできごと

2017年08月14日

先日の京都・滋賀研修旅行

FBにも掲載しておりましたが、先週早めのお盆休みを
とって毎年恒例の研修旅行に出かけてきました。

例のごとく、カツカツの予定を組んでおりまして京都
滋賀と書いてますが、初日は大阪まで南下してうろうろ。
2日目に京都を散策しました。私が行きたかったのが
本野清吾邸です。「第42回京の夏の旅」で特別公開が
行われていました。

_FUJ5820.JPG

当時の日本の建築界では前衛ともいえる、モダニズム運動を
リードした本野精吾は、この等持院界隈に大正13年(1924)に
自邸を自らの設計で完成させました。彼の作品の数はそんなに多くは
ありませんが、いずれも当時主流だった古典主義を脱却する過程での
実験的なものです。

_FUJ5823.JPG

彼は東京帝国大学を卒業した後、当時京都高等工芸学校(現・京都工芸
繊維大学)の教授であった武田五一の招きで、1908年に同校図案科の
教授となって京都へ。その後、ヨーロッパへ留学を経た後に本格的な
活動を京都で始めました。新しい建築モダニズムの影響を受けています。

_FUJ5827.JPG

この自邸は中村鎮式コンクリートブロックを剥き出しのまま使用し、
合理性を追求した日本におけるモダニズム建築の先駆になったものです
この建物は平成15年(2003)に「DOCOMOMO Japan 100」に選ばれています。

と経歴など書きましたが、大正時代に建ったと思えない雰囲気の
建物で現代でも通用する様式。当時の方がこの建物を見た時どんな
感想だったんでしょう。いう当時のことを想像しながら眺めておりました。


その夜は、滋賀で一泊し翌日は自由行動にしておいたのですが
妻の希望でラ コリーナ近江八幡へ。クラブハリエで有名なたねやさんが
運営している施設です。

_FUJ5835.JPG

予備知識なく向かったので、到着した時かなりびっくりしました。
広大な敷地に建つ緑の建物。ジブリ映画に登場しそうな建物。
中に入るとガウディ―建築を見ているような内装使いでした。
敷地内には数棟建物がありお土産や飲食スペースなどどれも
個性的な空間になっていました。

下の写真は今年オープンした建物、上の建物とは全くことなる
雰囲気です。塗装を落とした2階建てバスが鎮座しています。

_FUJ5842.JPG

敷地中心には田んぼがあり、鳴子イベントなるものが開催
されていおりました。お盆に入ったタイミングもありとても
人が多かったです。

_FUJ5856.JPG

大きな敷地を汗だくになりながら回りましたがとても良い
運動にでした。まだ開発途中なので、まだ数棟建築予定とのこと。
完成したらまたぜひ伺ってみたいと思います。

_FUJ5855.JPG

大きなトラブルもなく無事帰ってきました。
来年は離党などに行ってみたいですね。


posted by rism at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のできごと

2017年07月18日

最近のお問い合わせについて

最近や電話でお問合せ頂きましてありがとうございます。

最近のお問合せについて書きたいと思います。
いろんな方からお問合せ頂きとてもありがたいのですが
その中で必ずというほど質問を頂く内容です。

「リズムさんは改修(リノベーション)工事がメインなんでしょうか?」

言葉が一人歩きしているので仕方ないですがとても
多い質問です。1例をあげますと昨日不動産からお考えの
方と一緒にいろんな建物を見て回りました。

土地・中古住宅・分譲住宅・場所によっては建築条件付きの
物件もご案内させていただきました。

リズムのスタンスとしてはクライアントさまが最終的に
満足することを目的として物件選びからお手伝いしていますので
その方によってどんな物件が当てはまるのかを、まず建築と
不動産の目線から調査します。

_FUJ5607.JPG
S様邸リノベーション工事(工事中)

なので、たまにほかの業者に行っていただいた方が良いと
いうアドバイスもします。その方にとって何が良いのかを
突き詰めるとそういう場合もあるからです。その中でも
当事務所でというお話もありますのでその時はメリット・
デメリットをお話しさせて頂きご判断いただきます。

_FUJ5494.JPG
F様邸の新築工事(完成)

綺麗ごとに聞こえるかもしれませんが、その方がお互いに
よいことで最近では他で物件購入・建築されてもその方から
ご紹介頂くことも増えてきました。これはクライアントさま
が最終的にこちらの提案で満足された証拠だと思います。

もちろんご相談頂いた方のお仕事はすべて受け入れたい
ですが、できないこともあります。ただ他にはないご提案も
可能だと思っております。

お気軽にご相談くださいね。
※ ただし内容によってはお受けできかねることもありますのでご了承下さい。

info@rism-ism.com

リズム 藤田義和



posted by rism at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のできごと